短編小説

小説

ひとへや

無機質なワンルームに、今日も彼は閉じこもる。
小説

眠り男

気が付いたら鬱になっていた。
小説

夕凪に響け

夕凪の港につゆの泣き声はどこまでも澄み渡っていった。
140文字小説

【140文字小説】詰め合わせ

140SSの詰め合わせです。
小説

【1000文字小説】陽の目は見えず暗澹と【太陽・ひまわり】

溶けるような声でいいました。
小説

【1000文字小説】煙こそ苦しくも美し【煙草】

彼、彼女らは、今日も日陰で紫煙をくゆらせています。
140文字小説

【140文字小説】落涙

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
140文字小説

【140文字小説】心火

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
140文字小説

【140文字小説】渇望

魅了されたのだ。
140文字小説

【140文字小説】合掌

合掌
タイトルとURLをコピーしました