文フリ大阪に参加することになってしまいました。(いきおい)

そこにおいしい粉が待っているなら。そう思い私はコンクリート密林の奥地へと向かった。

 みんなーー!!!! 元気ーーーーー!? なんと、一か月ぶりの雑記更新だよーー!!!
 ノリがひと昔も前な気がするのでテンション戻しましょうか。

 今回もタイトル通りです。
 文学フリマって何? なんてことを聞くお方はおそらくこのページを覗いていないので割愛しましょう。
 そも雑記なので。(垂れ流し)

 文フリには出たい出たいと思って早幾星霜。
 時勢も時勢で参加を躊躇っていたわけですが、まぁ、抽選だし締め切り最終日だし。ひとまず申し込みだけするかと思ったわけです。抽選が当たったときにまた考えばいいかと。するとその二日後には申し込み全員参加の通知。退路を断たれた気分です。(いい意味で。と言っておきましょう)
 まぁ、時勢が芳しくなくなった際は辞退するとしましょう。場代はお布施ですかね。背に腹は代えられません。

 さて、どうなってしまうのでしょうか。原稿完成の目途はたっておりませんよ。
 進捗0です。0。0っていい響きですよね。ゼロとも読めるしレイとも読めるし。遥か古の時、別名義でレイっていうメッチャ可愛い男の子を書いていたこともありましたがそれはまた別のお話です。

 一つ前の雑記にも書いたわけですが、最近お外出てないな(もとから出ませんが)
 そろそろお外に出ておいしいものを食べてもいいよね。なんて甘い誘惑とほんのちょっとの自己肯定感的な何かに後押しされて参加を決めたわけです。

 おいしいたこ焼き、お好み焼き、etc。 を食べるために頑張りたいと思います。

 ちょっと待ってください。この記事700文字もあるんですか? すごくないですか?
 いや、すごいです。(反語)700文字も書ける私すごいぞ。雑記の更新なんてしてる暇あるか。
 DWの更新をしろ。たぬきが待ってるぞ。はい。原稿落とすなよ。はい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました